インドレストランに行ってみた

Blue Tokai Coffee Roasters が日本上陸!インドのコーヒーを自宅でも堪能できる!!

Namasteです。なまぱりのマサラ花子です。

インド発祥のコーヒーロースターブランドがあるのをご存知ですか?
初めてインドに移住した当初も、海外でもひとまず安心なスタバではなく、インドらしさを楽しめるローカルなコーヒー屋さんって無いのかな?と探し回って
せっかくなら、インド原産のコーヒー豆とか無いのかな…と夢見ていました。

実は、あるんです。
インドで栽培されているコーヒー豆と、そのコーヒーを楽しめるインドブランドカフェが!

その名も「Blue Tokai Coffee Roasters」。通称、Blue Tokai(ブルートーカイ)です!
初めは、トーカイってことは日本の東海地方が好きなひとが出した日印コラボブランドかな?(今思うと繋がりの意味が不明。笑)と思っていたのですが
TokaiはMalabari地域(南インドの地域)の言葉で孔雀の羽、尾っぽのことなんだとか。その証拠として、このブランドのロゴは青い孔雀なのです!

デリーでの家の近くにカフェ店舗があったので会社帰りにコーヒー休憩、といった感じでよく寄っていたそんなBlue Tokaiが日本でついに販売開始!という噂を聞きつけて飛び上がって早速行ってきました。

Blue Tokaiとは?というところから、実際の東京のお店レポまでご紹介します!

マサラ花子

ロックダウン中もZomatoデリバリーでお豆を買っていたくらい思い出の味!インド在住の日本人御用達なのではないでしょうか。

Blue Tokai Coffee Roastersとは?

写真はインド時代のBlue Tokaiコレクション!朝はいつもコーヒーと共に。

このおしゃれなBlue Tokai Coffee Roastersは2013年創業のインドコーヒーブランド。
「透明性」を信念に、インド国内でコーヒー農園(現在では22農園)と提携をして焙煎、販売をしています。
その温厚な気候から、南インドが主なコーヒー豆の産地であり、インド原産のオリジナルコーヒーが楽しめます。

そしてスタバのように、このコーヒーを楽しめるカフェがインド国内に30店舗あります。一番多いのはデリーで10店舗。
ほとんどのお店が大きなガラスの入り口で、パイン材基調のデスクや椅子が揃っていて、休日の昼下がりのリラックス時間に訪れるのが最高な贅沢です。

一番感動した店舗はデリーのSafdarjung EnclaveにあるBlue Tokai Coffee Roasters。
自然もりもりのマーケットの中にひっそりあるのですが、入り口は一面ガラス張りで、緑と明るい太陽の光に包まれながらコーヒーと共にのんびりできます。

日本のBlue Tokai Coffee Roastersに潜入!

はい、やってまいりました!
Blue Tokai Coffee Roasters @東京は四ツ谷です!
(またお洒落なところに…)

実はBlue Tokaiによるカフェという訳ではなく、今年3月OPENのカレー専門店 Yellowの中でコーヒーを飲めて、お豆も購入できます。

関連ランキング:カレー(その他) | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

今回は小腹も空いてきた時間だったので、コーヒーの前にカレーも一皿いただきました。
メニューを撮り忘れてしまったのですが、頼み方はシンプル!
カレーの数と、乗せるカレーを選ぶだけです。カレーはベジもノンベジもありました。

私たちは今回、バターチキンサンバル(ってカレーになるんだ!?)をオーダーしました!
※メニューはこちら(食べログ)からご参照ください

上がサンバル、下がバターチキンです!そしてお米がターメリックカラーのジーラ入りライス!♡
付け合わせの野菜アチャールたちは甘めでした。

お味は「THE 日本のおしゃれインドカレー」と言いたくなる軽やかなお味!
さらっとしていて、ほどよくスパイス風味。それでいて素材の甘みを感じる食べやすいカレーでした。
サンバルは特にココナツの味をよく感じて、スープさながらの濃厚さでした!スープ以外のサンバル初めて食べました…!
サンバルカレーは結構リピートしたいかも。ハマってしまったかも。

そして今回の訪問の目的のBlue Tokaiのアメリカン!
(デザートを頼むと100円引きになるのでナツメグ&ベリーパンナコッタを頼んじゃいました)

少々机が汚くて恐縮です…

本場と同じように、青いマグカップに入って登場!
お豆はYellowでのブレンドということで日本オリジナルになるようですが、インドと変わらずすっきりとしたブラックで飲みやすい◎
次はラテも頼んでみたいです!

コーヒーメニューはこんな感じです!懐かしい青色と写真。
本当に日本に来ていたのですね。。なんだか感慨深い。世界はすぐ繋がりますね。

Blue Tokai Coffee Roastersのお豆も購入しました!

ロックダウン生活を救ってくれたBlue Tokaiの味を日本のおうちでも(*´з`)ということで購入しました!

インド時代にコレクションのレギュラーだったカルナータカ州マイソール周辺のAttikan Estateのミディアムダークと、今回初めてのタミルナドゥ州のシェヴェロイズという産地のダークローストです。
豆ではなく、ペーパーフィルタードリップ用のものをいただきました。

Blue Tokaiのお豆袋は裏も可愛いんです。版画みたい。しかもひとつひとつ違います。

インドではフレンチプレスでがつんと飲んでいたので、今回はドリップにして少しテイストが変わりましたが(豆の油が少々きつくなってきたお年頃…)
大好きだった爽やかで甘めなミディアムダークと、土っぽいコクのあるダークをまたおうちで楽しめました!

インドのBlue Tokaiではモンスーンという豆の種類と、産地はBIBI PLANTATIONが一番好きだったので、日本でもじきに販売されることを切に願っています…!
こちらがBIBI PLANTATIONのコーヒー豆パッケージ👇

ぜひBlue Tokai Coffee Roastersを日本でもお試しください!

写真はグルガオンのBlue Tokai Coffeeのテラスでのほほんと短い春を共に過ごしたラテ。
ちょうどハードロックダウンの1週間前くらいで、インド最後のBlue Tokai訪問でした。

日本にも上陸したBlue Tokai Coffee Roasters、いかがでしたか?
インドというと甘~いチャイのイメージが強く、コーヒーとはなかなか結び付かなかった皆さんも多かったのではないでしょうか?
そんな珍しいインド発&初のコーヒー店で、ぜひインドの味をお楽しみください!♡

【Blue Tokai コーヒー豆購入場所情報】
コーヒー豆のお店での直販売は東京・四ツ谷のYellowだけでなく、福岡市中央区のAND THE SOILでもできるそうです!

オンラインでの購入はこちらのページから👇
BLUE TOKAI COFFEE ROASTERS JAPAN

これからも日本でもインドを感じられる切欠がたくさん増えますように!
それでは、Phil Milenge!!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA